ペットとして人気のハリネズミは小動物専門店で販売されている

笑顔の女の人

飼い主としての義務

眼鏡の犬

昔から人間の良いパートナーとして犬が飼われてきました。犬は従順で飼い主の命令に従う賢い動物です。リーダーと認めた場合に犬は命令に従いますが、リーダーと認めてもらうには犬のしつけが肝心になります。本来犬のしつけは飼い主の義務と言えますが、近年犬のしつけを怠る飼い主が増えています。犬のしつけがトラブルの元になってしまう事もあります。そうならない様にする為に、犬を飼い始めた時期からしつけを行なう必要があります。

犬のしつけで肝心なのは、噛み癖を治す事です。特に子犬は物事の分別がつかないので興味があるものを何でも噛んでしまう癖があります。子犬の時期にこの噛み癖を治しておくと、大人になってもむやみに人を噛むという事は無いでしょう。犬のしつけはタイミングがかなり重要になってきます。例えば犬が噛んできた時にすかさず痛いと大きな声を出しましょう。大きな声を出す事で犬は驚き噛む事を辞めます。これを繰り返す事で犬のしつけを行なっていきます。あまりにしつこく噛む時には、痛いと大きな声を出すと共に、犬の首根っこを抑えたり掴んだりして制御を行ないましょう。犬の首根っこを抑える事で噛むという行為が痛いのだと伝えるのです。

犬のしつけは兄弟間や親子間で行なわれていくものですが、ペットとして販売されている犬は幼い頃に親から引き離される事があるので、しつけに関する部分が省略されている事もあります。幼過ぎるペットを飼う場合は飼い主が親代わりとなり犬のしつけを行なっていきましょう。